「WHAT’S NEXT? TOKYO CULTURE STORY」は、BEAMS創業40周年記念キャンペーン共通ロゴ。

WHAT’S NEXT?
TOKYO CULTURE STORY

リリース時期 2016年10月

セレクトショップBEAMSの40周年を記念し、東京のファッションとカルチャーの40年の物語をまとめた1冊。B5変型判 212P 本体価格1,528円。

依頼の背景

1976年にオープンしたセレクトショップBEAMSは、東京のファッションを牽引する存在であり、カルチャーを形作ってきた会社でもあります。今回の周年記念ムックではBEAMSの40年の歩みをたどるとともに、同時代に生まれたカルチャーを振り返りながら、当時の息遣いも感じてもらえるような誌面、次の時代につながるような思いを込める本にし、さらに話題作りにもつなげたいと依頼をいただきました。

マガジンハウスの提案

フォトグラファー、スタイリスト、ライターなど気鋭のスタッフを起用し、1976年から2016年まで1年ごとの当時のファッションをリアルに再現したページを作成。流行ファッションをアイテム別に解説するページ、音楽やカルチャーについても触れ、当時の流行が鮮やかによみがえる誌面構成にしました。また、雑誌「POPEYE」や「Olive」の貴重なバックナンバーや記事も掲載し、それぞれの時代に青春を過ごしたすべての人たち、いまの若者にも響く内容にしています。菊地武男さん、藤原ヒロシさん、池松壮亮さん、小松菜奈さんなど錚々たる人々にも登場していただき、ファッション都市・東京のイメージを色濃く反映していました。

実績と評価

ムック本だけでなく、YouTube、WEB、屋外広告、雑誌広告などさまざまなメディアで展開。コンテンツを共有しながら、それぞれのメディア特性に合わせて再構成することにより大きな反響を呼びました。

『WHAT'S NEXT? TOKYO CULTURE STORY』オンライン書店で購入

紙版