TAIWAN RESEARCH(台湾リサーチ)

リリース時期 2015年6月

「アーバンリサーチ」の台湾マーケットでの広報・宣伝効果を狙い、台北を中心としたガイドブックを2カ国語版で作って日本、台湾の書店で販売。

依頼の背景

クライアントは台湾進出をした中、EC事業とプレスルームのみで実店舗がなく、現地での有効なPRを模索なさっていました。「都市を考察する」という会社のアイデンティティの表現と、広報・宣伝効果も求めて、台湾のガイドブックを制作し書店流通することに。

マガジンハウスの提案

台北を中心としたガイドブックの全ページを、日本語・中国語の2カ国語版で制作するご提案を。日本に関心が高く流行に敏感な方たちに向け、巻末には〈アーバンリサーチ〉の日本国内のショップ情報をQRコード付きで掲載。日本国内はもとより、台湾カルチャーの発信地として知られる「誠品書店」など台北の有力書店でも販売しました。

実績と評価

ライフスタイル発信を得意とする台北のクリエイティブチーム・MPXの協力を得て、台湾の女優、ファッションデザイナー、コスメブランドのディレクターといったトレンドセッターによるリアルな台北ライフや厳選スポットも紹介。代官山「蔦屋書店」と台北「誠品書店」では複合型のフェアを実施し、高い評価を得ました。